読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エリアクエスト

事業用不動産賃貸のエリアクエスト エリアクエストでは、不動産に関して貸主と借主に、日常的なファシリティを効率よく運営するための徹底サービスをご提供しております。

宮崎監督が暮らした家、改装されてギャラリーに

引退を表明したアニメーション映画の宮崎駿(はやお)監督が幼少期を過ごした家を改装した宇都宮市のギャラリーが、ファンの間で話題となっている。

 公開中の宮崎作品「風立ちぬ」で主人公・堀越二郎の生家のモデルとなったことも報道され、引退表明後は来場者が3割ほど増えている。

 宮崎監督は1941年、東京生まれ。戦時中を含む3~9歳の頃、宇都宮市松が峰にあるこの家で家族と暮らしていた。

 築80年で、庭に立派な松がある木造2階建て。玄関から見えないように作られた急勾配の「隠し階段」は「となりのトトロ」、2階から東武線の電車を見る風景は「千と千尋の神隠し」の着想のもとになったとされる。宮崎監督の映画製作を追ったDVD「『もののけ姫』はこうして生まれた。」にも、宮崎監督の原点としてこの家が登場している。

 建物は現在、「ギャラリー絆和(はんな)」になっている。母親がギャラリーを営むトーマスあす子さん(36)が昨年2月、自宅を兼ねてオープンさせた。

 トーマスさんは、引っ越し先として中古の一軒家を探し始めたとき、知人の紹介でこの家と出会った。「洋間、格子柄の窓など、一つ一つにひかれた」という。「できれば、展示など文化的な使い方をしてほしい」と家主に条件を出され、「自分とギャラリーとの関わりを知らない家主さんから『展示』と言われ、運命を感じた」と振り返る。お茶を飲みながら作家と話ができ、時間を気にせずゆっくり鑑賞もできる「居心地の良さ」が人気だ。

 入り口に置いてある芳名帳には、北海道や神奈川県などから訪れた人の名前もある。ただ、最近は、ギャラリーの展示品に見向きもせず、庭や階段で記念撮影したり、休廊日に無理やり見学しようとしたりする心ない人も増えたという。

 作家と客の心の絆を築く場所になればと、ギャラリーを「絆和」と名付けたトーマスさん。宮崎監督が暮らした家ということが、「作家さんや作品を知ってもらうきっかけになればうれしい」と話している。

 展示会を開催していない現在は、中には入れない。次回は、10月24日~31日に「秋の衣展」と題し、染色作家原口良子さんの染め物などを展示する。(江原桂都)(YOMIURI ONLINEより引用)


建物の存在感が違いますね。

"エリアクエストは事業用不動産のビル所有者又はビル経営者に対して、ビルの収益性を追求し
資産価値を維持・向上させるためのサービスを提供し、同時に、事業用不動産を使用する貸主に対して、日常的なファシリティ(施設)を効率よく運営するためのサービスを提供しております。"

エリアクエストコーポレートサイト
エリアクエストコーポレートサイト 
エリアクエストごあいさつ 
エリアクエスト会社概要 
エリアクエスト事業概要 
エリアクエストの株価
エリアクエスト bloombreg
エリアクエスト Kmonos
関連リンク
エリアクエストブロガー 
エリアクエストLivedoor 
エリアクエストDTI 
エリアクエストエキサイト 
エリアクエストココログ 
エリアクエストフルーツブログ 
エリアクエストみぶろぐ 
エリアクエストQblog 
エリアクエストsublimeblog
エリアクエストのブログ 
エリアクエストアメーバ
エリアクエストはてなブログ
エリアクエストyaplog
エリアクエストMARUTA
エリアクエストスタブロ
エリアクエストWXO
エリアクエストウェブリブログ
エリアクエストseesaa
エリアクエストファンブログ
エリアクエストエムブロ 
エリアクエストSITEMIX 
エリアクエストみて書いてブログ 
不動産ニュース配信teacup 
不動産ニュース配信信州FM 
不動産ニュース配信ポイントブログ 
不動産ニュース配信Wordpress 
不動産ニュース配信blog.com 
不動産ニュース配信百度 
不動産ニュース配信xanga.com 
不動産ニュース配信jigsy.com 
不動産ニュース配信own-free-website.com 
不動産ニュース配信ja.wix.com